注文住宅は、自分の要望が反映される点で、建売住宅や分譲住宅では得られない満足感を得ることができます。一方、依頼先の業者選びによっては、価格が高くなる可能性もあります。購入時点で価格が決まっている建売住宅とは違い、注文住宅の価格は設計と見積りが終わった時点でなければはっきりしません。世田谷区は高級な住宅が多い地域ですが、全てが高額なわけではありません。世田谷区でも、低価格で品質の良い住宅を建てることは可能です。注文住宅の価格をできるだけ安く済ませるには、いくつかの方法があります。低価格を売りにする、大手住宅メーカーに依頼する方法、地元工務店に依頼する方法がその代表です。設計を設計事務所に依頼するのも、工事費を安く済ませる方法の一つです。いくつかの可能性を模索することで、希望にかなう価格帯の住宅を建てることができます。

低価格を売りにする大手住宅メーカーの仕組み

世田谷区で低格の住宅を手に入れる方法の一つに、低価格を売りにする大手住宅メーカーへ依頼する方法があります。元々、住宅メーカーは、プレハブによる低価格の住宅をつくることを得意としてきました。一部のメーカーは高級な住宅の販売に移行しましたが、新たに参入してきたメーカーの中には、他社よりも著しく低価格な住宅を提供しています。低格を売りにする大手住宅メーカーが、特別無理をしているわけではありません。むしろ、高級志向を打ち出しているメーカーが、価格帯を吊り上げているのが実情です。本来の住宅は、安くつくろうと思えばつくれるものです。大手住宅メーカーで安く住宅をつくろうと考えた場合は、設計の変更や仕様の変更をしないことが必要です。メーカー側が用意している標準タイプに変更を加えることなく、そのままの形で発注すれば、低価格の住宅を建てることが可能です。

低価格の住宅を建てる王道は工務店の活用

工務店は大手住宅メーカーほど、サービスは良くありません。別の視点から見ると、顧客に対するサービスにはお金をかけておらず、その分、建築の費用を安く抑えることが可能です。工務店は大手住宅メーカーと比べて、技術的に劣っているわけではありません。むしろ、大手住宅メーカーの方が、施工面では工務店に依存しています。大手住宅メーカーの商品が魅力的に写るのは、マーケティングの巧みさによります。省エネや新工法をアピールすることで、顧客の歓心を得る手法に、大手住宅メーカーは優れているにすぎません。世田谷区で建てる注文住宅を工務店へ依頼する場合は、オーソドックスな住宅を依頼することで、低価格の住宅を建てることが可能となります。さらに、設計を設計事務所に依頼し、工事のみを工務店に依頼することで、デザイン性に優れ、品質の良い住宅を、安い価格で建てることが可能となります。